急増している相談例
線

誰でも手軽に盗聴器が手にはいるようになった今日では、その被害にあったさまざまなお問い合わせが増えています。

例1)近頃いたずら電話がふえてきていて、また、電話をしていると雑音が入ったりもする

知らない人からイヤな電話がきたり、家に着いたらすぐに電話が鳴る。そんな場合、盗聴器・盗撮器がつけられていて、ずっと監視をされている可能性があります。

最悪な事に仕掛けられた盗聴器・盗撮器に関する周波数がインターネットに公開をされて、色々な人が話などを聞いている可能性もあります。電話を使っている時に雑音が入るのでしたら電話盗聴されていると思います、盗聴器は部屋かもしくは建物の外に付けられている事もありあます。


例2)知らない人からプライベートな話をされる

盗聴器や盗撮器のせいでプライバシーを他人に侵害されている可能性があります。盗聴器・盗撮器に関する周波数がインターネットに公開をされて、色々な人が話などを聞いている可能性もあります。、受信器を持っている人なら簡単に傍受出来ます。盗聴器を仕掛けた人以外の人からの嫌がらせを受けてしまう事もあります


例3)盗られた物はないけど、人が家に入った形跡がある

始めに考えられるのがストーカーです。部屋に入られて、盗聴器や盗撮器が仕掛けられて、あなたを見ているまたは、聞いている可能性もあります。ストーカー行為はだんだんと酷くなっていきますので、しっかりとした自衛も必要となります


例4)近所の人や職場の人から嫌がらせをされる

近所の人たちが盗聴器などを仕掛ける目的は、人間関係のトラブルを始めとする色々な原因があります、盗聴器・盗撮器を仕掛ける人は家族じゃなくて個人を特定をして監視する場合が多いです。また、職場の人がしている場合は、1人に対しての嫌がらせをグループで嫌がらをしたり、リストラを目的として会社ぐるみで行っている事があります。


例5)以前の住人や、大家さんが付ける

昔からよくあることなのですが今もまだあります。似ている被害としては、前の住人が盗聴などをされていて、その盗聴器がまだ残っている場合です。また、新築の場合には、建築をする時に何社もの業者が出入りをします。関係者すべてをチェックする事はできませんので、現場にいる誰かが設置していたり、設置を依頼されていたり、ストーカーになってしまう事もあります。