盗聴の現状
線

今、盗聴器と言われているものは年間30万個以上売られていると言われています。1日に3000個以上が売られている事になるのです。
どうしてこうなってしまったかと言いますと、

1.盗聴器やすくで買えるようになった
2.機械がちいさく、高性能になって、設置がしやすくなった
3.インターネットでも買えるので、だれでも買えるようになった
4.操作が容易ですので、すぐにつかえる

と、言うような理由だと思います
このような現代では「盗聴」という言葉は普通に聞くようになりました。少し昔では、探偵社が情報を集める為だけに使っていたのですが、今では、誰でも盗聴器をかえで、設置する事ができるようになったのです。
また、最近では大きな問題となってきた「盗撮」も増加しています。盗聴をやる人の心を考えれば、音だけよりも、映像もあった方がより良いと思えるからでしょう。

昔だと盗聴器は数万円〜もする高価なものでした。しかし現在では、1万円でも買う事ができるのです。
又、値段が安くなった為昔だと、盗聴器は回収するのが普通だったのですが、今では、危険を犯してまで回収する必要がなくなりました。これは「付け捨て」と呼ばれる行為です。

この付け捨てが増えたせいで別の被害者も出てきます。盗聴器が電池でうごいているのでしたら、電池が切れればもう盗聴されないのですが、コンセント等から直接電源を供給しているものだと、盗聴器が見つかるか、壊れないと半永久的に盗聴がされるのです。

今の日本には、受信マニア・盗聴マニアと呼ばれる人が200万人程存在しています。このような人は特定をして盗聴をしているのではなく、適当に盗聴器をつけて、そこから発信されている会話を聞いて楽しんでいる人たちなのです。

想像してみて下さい。あなたは新しいアパートに引っ越しをしてきました。念願の一人暮らしです。しかし、この部屋の前の住民は盗聴をされていたみたいです。しかし、その事実を前の住民もあなたもしりません。ですが、盗聴器を仕掛けた人は人が入れ替わった事を知っています。そして、あなたの普通の生活をどこかでにやけた顔をしながら聞いているのです。

考えただけでも気持ち悪くて、イヤですよね。ですが、これは実際におこっている事なのです。ですので、自分は大丈夫だとは簡単に考えれません。